理念・政策
ホーム > 理念・政策

自由民主党福岡市議団
会長 冨永 計久
 我が国にとってかつて経験のない国難である新型コロナウイルス感染症は、今も市民生活や経済活動 に大きな打撃を与え続けています。我々自由民主党福岡市議団は、政権与党に連なる市議会最大会派と して、本市独自の支援策の実施を市長に強く働きかけるとともに、必要な財源の確保に向けた国への要 望活動を継続してきました。コロナと共生する時代を郷土・福岡が力強く歩んでいくことができるよ う、引き続き会派一丸となって頑張って参る決意です。一方、団塊の世代が後期高齢者となる2025年が 目前に迫る中、運転免許証を返納した後の生活に対する不安が高まっています。生活交通の確保をはじ め、市民生活の向上につながる取り組みについても着実に推進して参ります。身近な会派所属議員に、 是非とも皆さまの声をお寄せください。